スポンサーリンク

[daz初心者] Ghost Light(4.21.1.26版)の作り方 [完全無料]

Memorandum
この記事は約4分で読めます。

4.21.1.26 で Iray が対応した Ghost Light(見えない光源) の解説。

スポンサーリンク

概要

上記記事にて daz studio 4.16.1.6 で暫定的に対応していた Ghost light を解説したが、今回正式に Iray が対応したようである(まぁ予断は許さないが)。

それに Daz Studio でも対応し、Daz Studio でも使えるようになったらしい。

正式ドキュメントはこちら

問題ないようなら、デフォルトリソースの更新が行われるようである。

使われるスクリプトは上記ページにアップロードされている。フォーラムの都合上ファイル名は変えないとよくわからなくなるので、1つ1つダウンロードしてリネームしよう。

スポンサーリンク

使い方

オブジェクト・ライト

オブジェクトは Emissive ( Shader Presets / Iray / DAZ Uber / ) を適用し、オブジェクト・ライトとして正常に機能しているものとする(後から適用でも問題はない)。

今回はこのシーンでテストを行う。

  • 奥の球
    Car Paint – Cranberry
  • 手前の球
    Fabric – Velvet – Red

  • !Iray Uber Base
  • 背景
    Back Drop で黒を設定

Viewport pane または Scene pane で Ghost Light 化したいオブジェクトを選択。

Surfaces pane でオブジェクト・ライトの surface を選択。

  • “Refraction Index” を1に設定。
  • “Refraction Weight” を1に設定。

ダウンロードした “Add Iray Visible to Primary Rays Property” script を適用(”Display/Rendering/Iray” の下に “Iray Visible to Primary Rays” ができる)。

“Iray Visible to Primary Rays” を Off にする。

ダウンロードしてきた “Add Iray Ghost Light Factor Property” script を適用(同様に “Display/Rendering/Iray” の下にできる)。

“Iray Ghost Light Factor” を1よりも大きく設定する。
(デフォルト値が1)

Iray Ghost Light Factor 1

ライトが消えた。

ちなみに “Iray Ghost Light Factor” を0に設定した場合(推奨されない値)と2、5、10 に設定したものを上げておく。

Iray Ghost Light Factor 0
Iray Ghost Light Factor 2
Iray Ghost Light Factor 5
Iray Ghost Light Factor 10

通常のライト

こちらがテストシーン。スポットライトを使用した。設定は以下の通り。それ以外はオブジェクトライトのテストと同じ。

  • Intensity
    200
  • Spread Angle
    100
  • Luminous Flux (Lumen)
    50000

Parameters pane または Lights pane で

  • “Photometric Mode” を On に設定。
    (デフォルト)
  • “Light Geometry” を “Point” 以外に設定。
    (今回は “Disc” に設定している)
  • “Render Emitter” を Off

“Add Iray Ghost Light Factor Property” script を適用(”Display/Rendering/Iray” の下にできる)。

“Iray Ghost Light Factor” を1よりも大きく設定する。
(デフォルト値が1)

Iray Ghost Light Factor 1

こちらのライトでも同じように動作する。

Iray Ghost Light Factor 5
Iray Ghost Light Factor 10
スポンサーリンク

ナビゲーション

[ 初心者メニューへ ]

タイトルとURLをコピーしました